4/1より紙製ごみ袋が廃止になります

昨年より何度かお知らせしていますが、今まで使用していた紙製のゴミ袋が、明日4月1日から使用出来なくなります。

小金原団地-ゴミ袋のお話
この袋しか使えなくなります↑↑↑

クリーンセンターが老朽化で平成31年度末に停止するため、市内で焼却しきれないごみは近隣市等に焼却処理を依頼することになります。そのため、燃やせるごみの正しい分別を促進し、近隣市における燃やせるごみの排出方法に合わせるため、平成30年4月1日から紙袋収集を廃止します。
 認定ポリ袋は、家庭ごみの「燃やせるごみ」を出すときに使用します。
 認定ポリ袋は材質や印刷のインクなども含めて市の焼却施設で燃やしても有害物質が出ないこと、また、分別の適正化や収集作業員の安全性向上のため、一定程度の透明性を有すること等の条件を満たしたものを認定しています。そのため、同じような材質に見えても、他のポリ袋等を燃やせるごみの収集袋に使用することはできません。
 認定ポリ袋は、市内のスーパー、ドラッグストア、コンビニエンスストア、ホームセンター等にて販売しています。(松戸市ホームページより)

詳しくは、こちらへ  ↓↓↓

≫ 燃やせるごみ専用松戸市認定ポリ袋をご利用ください

≫ 認定ポリ袋取扱店一覧(平成29年3月現在)